IdrisのテストとCI

このエントリはIdris Advent Calendar 2020の16日目の記事です。

κeenです。今回はipkgを使ったIdrisのテストとCIを紹介していきます。CIはGitLab CIとGitHub Actions両方の設定を紹介します。

Idrisのテストフレームワーク

フレームワークというほど大層なものではないですが、テストができる仕組みがあります。 contribに Test.Unit というモジュールがあり 1、それらを使ってテストが書けるのです。

テストの本体となるのは genericTest です。

*Test/Unit> :doc genericTest
Test.Unit.Generic.genericTest : Show a => (title : Maybe String) -> (given : a) -> (expected : a) -> (tFunc : a -> a -> Bool) -> IO Bool
    Run a generic test.
    Arguments:
        title : Maybe String  -- Optional Test title

        given : a  -- The given string to parse

        expected : a  -- The expected result

        tFunc : a -> a -> Bool  -- The testing function to compare the results.

    The function is: Total & export

とはいえ、これだけだと使いづらいので assertXxx などの便利関数も用意されています。

assertEquals : Eq a => Show a => a -> a -> IO Bool
assertFalse : Bool -> IO Bool
assertJust : Show a => Maybe a -> IO Bool
assertLeft : Show a => Show b => Either a b -> IO Bool
assertNotEquals : Eq a => Show a => a -> a -> IO Bool
assertNothing : Show a => Maybe a -> IO Bool
assertRight : Show a => Show b => Either a b -> IO Bool
assertTrue : Bool -> IO Bool

例えば assertTrue であれば以下のように動作します。

*Test/Unit> :exec assertTrue True
Test: Assert True
True
*Test/Unit> :exec assertTrue False
Test: Assert True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
An error occured:
  Given:
    False
  Expected:
    True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
False

ちょっと手札が少ないですがこれでどうにかテストは書けそうです。

ipkgとテスト

ipkgにもテストのサポートがあります。 tests =IO () の値を書き連ねておけば、 idris --testpkg IPKG でテストしてくれます。

例えばipkgに以下を書いたとします。

tests = Tests.Hoge.test
      , Tests.Fuga.test

すると裏で以下のようなファイルを生成、実行します。

module Test_______

-- 必要ならばここにimportが並ぶ

namespace Main
  main : IO ()
  main = do Tests.Hoge.test
            Tests.Fuga.test

このプログラムを実行した終了ステータスでそのまま idris --testpkg も終了します。

テストを書く

先日のanagramにテストを書いてみましょう。

anagramパッケージは以下のようなディレクトリ構成なのでした。

$ tree
.
├── anagram.ipkg
└── src
    ├── Anagram.idr
    └── AnagramMain.idr

そして anagram.ipkg は以下のような内容なのでした。

package anagram

version = "0.1.0"
author = Your name

sourcedir = src
modules = Anagram
        , AnagramMain
main = AnagramMain
executable = anagram
pkgs = contrib

これにテストを加えてみましょう。

失敗するテスト

まずは失敗するテストを書いてみます。

anagram.ipkgを以下のように書き換えます。

package anagram

version = "0.1.0"
author = Your name

sourcedir = src
modules = Anagram
        , AnagramMain
        , Tests.Anagram

main = AnagramMain
executable = anagram

tests = Tests.Anagram.test

pkgs = contrib

modulesTests.Anagram が増えたのと、 tests = Tests.Anagram.test の行が増えました。

これに対応して src/Tests/Anagram.idr に以下の内容を書きます。

module Tests.Anagram

import Test.Unit
import Anagram

export
test : IO ()
test = runTests [ assertTrue False ]

ここで、 runTests は以下のような関数です。

*Test/Unit> :doc runTests
Test.Unit.Runners.NonReporting.runTests : List (IO Bool) -> IO ()
    Run the given set of tests, but don't return the results.

これを走らせてみましょう。 idris --testpkg です。

$ idris --testpkg anagram.ipkg
Entering directory `./src'
Type checking /tmp/idris192645-0.idr
Test: Assert True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
An error occured:
  Given:
    False
  Expected:
    True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
All Tests have been performed.
=========================
$ echo $?
0

期待通りテストが失敗しましたね。

しかし終了ステータスが0です。 実装を読んだところ、どうやら runTests は終了ステータスには無関心のようです。 人間が目で確認する分にはこれでもいいのですが、今回はCIでテストをしたいので失敗したら終了ステータスも0以外になってほしいです。ちょっとだけ工夫しましょう。

失敗するテストを失敗させる

実は runTests にはもう1つの(オーバーロードされた)実装があります。

*Test/Unit> :doc runTests
Test.Unit.Runners.Reporting.runTests : List (IO Bool) -> IO (List Bool)
    Run the given set of tests and return the results.

こちらは返り値が IO (List Bool) とテストの成否を返すようになっています。 これを利用して1つでも失敗したテストがあれば異常終了するようにしてみましょう。

まずはこのようなヘルパ関数を用意します。

-- exitをインポートする
import System

exitIfFail : IO (List Bool) -> IO ()
exitIfFail action = do
  results <- action
  if not (all id results)
  then do
    putStrLn "Some tests failed"
    exit 1
  else pure ()

test 側もこれを使うようにしましょう。

export
test : IO ()
test = exitIfFail $ runTests [ assertTrue False ]

再度これで走らせてみます。

$ idris --testpkg anagram.ipkg
Entering directory `./src'
Type checking ./Tests/Anagram.idr
Type checking /tmp/idris193751-0.idr
Test: Assert True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
An error occured:
  Given:
    False
  Expected:
    True
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
All tests have been performed.
========================================
Some tests failed
Leaving directory `./src'
$ echo $?
1

今度はちゃんと終了ステータスが1になりましたね。 それではこれを使ってテストを書いていきます。

anagramのテスト

準備が整ったのでテストを書いていきましょう。こんな感じになるんじゃないでしょうか。

import Data.SortedSet

testEmptyQuery : IO Bool
testEmptyQuery = do
  let result = query emptyDB "hoge"
  assertTrue $ contains "hoge" result

testRegisterQuery : IO Bool
testRegisterQuery = do
  let db = register emptyDB "eat"
  let result = query db "tea"
  assertTrue $ contains "tea" result

export
test : IO ()
test = exitIfFail $ runTests [
  testEmptyQuery,
  testRegisterQuery
]

ベストプラクティスがある訳ではないので難しいんですが、ipkgの tests に書くのは1ファイル1テストにして1ファイル内のテストは runTests で1まとめにすることにします。

テストを走らせてみましょう。

$ idris --testpkg anagram.ipkg
Entering directory `./src'
Type checking ./Tests/Anagram.idr
Type checking /tmp/idris195171-0.idr
Test: Assert True
Test: Assert True
All tests have been performed.
========================================
Leaving directory `./src'

無事通っているようですね。

今回は assertTrue しか使ってませんが、様々なテストするにあたって assertXxx が色々ほしくなるはずです。そういうときは genericTest を使って assertXxx を自作しましょう。

ひとまずテストが書けたということでCIを設定していきます。

CI

CIでテストを走らせつつmasterにpushするときはIdrisdocで生成したドキュメントを更新するようにしましょう。

多様性に配慮してGitLab CIとGitHub Actionsの両方を紹介します。 設定の簡潔さではGitLab CIの方が勝るので個人的にはGitLab CIをおすすめします。

Gitリポジトリの準備

どちらのCIを使うにせよ、まずはGitリポジトリとしての準備をしましょう。

こんな感じで初期化します。

$ git init .
$ cat <<EOF > .gitignore
*.ibc
anagram
EOF
$ git add .
$ git commit -m'inital commit'

余談: CIで使えるIdrisのDockerイメージ

GitLab CIでもGitHubActionsでもIdrisコンパイラが入ったDockerイメージを使うことになります。 IdrisのDockerイメージは公式配布のものがないので個人で配布しているものを使うか、自分でビルドすることになります。

私はmmhelloworld/docker-idrisを使っていますが、残念ながら現時点では1.3.2までしか対応しておらず、最新版の1.3.3がありません。 自分でビルドする手もあるのですが話がややこしくなるので一旦1.3.2に甘んじて設定を書きます。

Dockerイメージの設定はどのみち1行だけなので、別のイメージを使うのも特段難しいことはないでしょう。

GitLab CI

GitLab CIは .gitlab-ci.yml に設定ファイルを置くだけで勝手にセットアップされます。

.gitlab-ci.yml に以下のファイルを置きます。

# インターネットに転がっていたイメージ
# 気にする人は自分でイメージを作ると良い
image: mmhelloworld/idris:1.3.2

test:
  script:
    - idris --testpkg anagram.ipkg

pages:
  script:
    - idris --mkdoc anagram.ipkg
    # docker内で生成するとパーミッションの問題が発生するらしく、一旦作り直すと解決する
    - mkdir public
    - cp -R anagram_doc/* public
  artifacts:
    paths:
      - public
  only:
    - master

あとはGitLabにリポジトリを作ってpushするだけです。

pushすると私が作ったリポジトリのGitLabのパイプラインのようにジョブが走ります。生成されたドキュメントも確認できます。

GitLab CIについて詳しくはGitLab CIのドキュメントを参照して下さい。

GitHub Actions

Actionsは .github/workflows/ 以下に設定ファイルを置くと勝手にセットアップされます。

Actionsではテストとドキュメントの生成でファイルが分かれます。 トリガー条件が異なるからですね。

まずはテストの方。名前はなんでもいいんですが、 ci.yml という名前で作りました。

name: Run tests

on:
  push:
  pull_request:

jobs:
  test:
    runs-on: ubuntu-latest
    container: mmhelloworld/idris:1.3.2
    steps:
      - name: Checkout
        uses: actions/checkout@v2
      - run: idris --testpkg anagram.ipkg

次はドキュメントの方。doc.yml という名前で作りました。

name: Generate doc

on:
  push:
    branches:
      - master

jobs:
  doc:
    runs-on: ubuntu-latest
    container: mmhelloworld/idris:1.3.2
    steps:
      - name: Checkout
        uses: actions/checkout@v2
      - run: |
          idris --mkdoc anagram.ipkg
          mkdir public
          cp -R anagram_doc/* public          
      - name: Deploy to GitHub Pages
        if: success()
        uses: crazy-max/ghaction-github-pages@v2
        with:
          target_branch: gh-pages
          build_dir: public
          jekyll: false
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}

この2つを置いたらGitHubにリポジトリを作ってpushするとCIが走ります。

pushすると私が作ったリポジトリのGitHub Actionsのようにジョブが走ります。

GitHub Pagesはもうちょっと設定が必要です。リポジトリのSettingsのGitHub Pagesの項目で、Sourceを gh-pages ブランチの / にしてSaveします。すると生成されたドキュメントを確認できます。

GitHub Actionsについて詳しくはGitHub Actionsのドキュメントを参照して下さい。

まとめ

Idrisのテストの書きかた、テストの走らせかた、CIのセットアップ方法を紹介しました。


  1. contribのdocには載っていません。更新が追い付いてないようです。 [return]
Written by κeen
Later article
SMLのDerived Forms
Older article
Idrisdocの使い方