Rustで「文字が特定の文字集合に含まれるか」を判定するのはどれが速いか

κeenです。ブログタイトルが長い。 普段、どれがいいとか特に気にせず書いている「文字が特定の文字集合に含まれるか」の判定をするのはどの方法が速いかが気になったのでベンチマークを取ってみました。

想定しているのは何かのパーサを書いていて、例えば識別子に使える文字が [a-zA-Z0-9_!?=<>] だったときにそれを判定する方法です。

今回試すのは3種類。

  1. 文字集合を HashSet に入れて、 contains で判定する
  2. 文字集合を文字列(文字ベクトル)に入れて、 contains で判定する
    1. contains の代わりに先に文字列をソートしておいて、 binary_search で探索する
  3. char::is_alphanumeric などのメソッドを組み合わせる
  4. 正規表現を使う

教科書的な知識だと、 1. は $O(1)$ で文字集合の濃度に依らず高速に動作するはずです。 一方 2. は $O(n)$ なので文字集合の濃度に比例してしまい、分は悪そうです。 しかし実際には 2. が使われることが多いような気がします。 1. は多少複雑な計算が必要なので少し遅く、 2. は連続した要素の探索なので現代のCPUは得意な操作で有利なのかもしれません。 2.1. は教科書的には 2. より速そうですが、やはり 2. は連続した要素の探索なのでそちらが速い可能性もあります。 3. はどう考えても速いやつですが、 alphanumeric 以外の文字を c = '-' && ... と繋ぐと分岐が多くなるのでもしかしたら不利かもしれません。 4. は一見遅そうですが、Rustの正規表現はかなりよく出来てるので実は速いかもしれません。

それではベンチマークを取ってみましょう。 線形探索が一番不利になるように、また、 alphanumeric にも引っ掛からないように、 < を対象に探索してみます。

コードはこちら。 ベンチマークにはbencherを使っています。

#[macro_use]
extern crate bencher;

use bencher::Bencher;

const CHAR: char = '>';
const CHARSET: &str = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz1234567890_!?=<>";

fn hashset(bench: &mut Bencher) {
    use std::collections::HashSet;
    let hash = CHARSET.chars().collect::<HashSet<_>>();
    bench.iter(|| hash.contains(&CHAR))
}

fn contains(bench: &mut Bencher) {
    // contains は str には使えないので Vec<char> を作る
    let vec = CHARSET.chars().collect::<Vec<_>>();
    bench.iter(|| vec.contains(&CHAR));
}

fn contains_binary_search(bench: &mut Bencher) {
    let mut vec = CHARSET.chars().collect::<Vec<_>>();
    vec.sort();
    bench.iter(|| vec.binary_search(&CHAR).is_ok());
}

fn is_alphanumeric(bench: &mut Bencher) {
    // 今回は小文字しか扱わないので `is_ascii_alphanumeric` は直接には使わない
    bench.iter(|| {
        (CHAR.is_ascii_alphabetic() && CHAR.is_ascii_lowercase())
            || CHAR.is_digit(10)
            || CHAR == '_'
            || CHAR == '!'
            || CHAR == '?'
            || CHAR == '='
            || CHAR == '<'
            || CHAR == '>'
    });
}

fn regex(bench: &mut Bencher) {
    use regex::Regex;
    let regex = Regex::new("[a-zA-Z0-9_!?=<>]").unwrap();
    let c = CHAR.to_string();

    bench.iter(|| regex.is_match(&c))
}

benchmark_group!(
    benches,
    hashset,
    contains,
    contains_binary_search,
    is_alphanumeric,
    regex
);
benchmark_main!(benches);

追記: コードを修正しました。

/追記

HashSetや正規表現などは事前に準備してからベンチマークにかけています。

実行結果は

test contains               ... bench:          10 ns/iter (+/- 2)
test contains_binary_search ... bench:           3 ns/iter (+/- 1)
test hashset                ... bench:          13 ns/iter (+/- 1)
test is_alphanumeric        ... bench:           0 ns/iter (+/- 0)
test regex                  ... bench:          18 ns/iter (+/- 3)

と、 is_alphanumeric > binary search > contains > HashSet > 正規表現 の結果になりました。 まあ、全部ns単位なのであんまり意味ないんですけどね。

ということでシンプルに is_alphanumeric を使いましょう。

参考

Written by κeen