κeenのHappy Hacκing Blog | Lispエイリアンの狂想曲

SML#をUbuntu 16.10で動かす

この記事はML Advent Calendar 2016 - Qiitaの1日目の記事です。

κeenです。小ネタを。Ubuntu 16.10でSML#を動かそうと思ったら動かなかったので動かします。

現象

リンカがエラーを吐く。バイナリが正しく作れてなさそう

/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(callback.o): relocation R_X86_64_32 against `.text' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(control.o): relocation R_X86_64_32 against `.text' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(error.o): relocation R_X86_64_32 against `.bss' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(exn.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata.str1.8' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください 。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(finalize.o): relocation R_X86_64_32 against `.text' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(init.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata.str1.1' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(object.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata.str1.1' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(xmalloc.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata.str1.1' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてくだ さい。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(prim.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(top.o): relocation R_X86_64_32 against `.text' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(dtoa.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata.str1.1' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a(heap_concurrent.o): relocation R_X86_64_32S against `.bss' can not be used when making a shared object。 -fPIC を付けて再コンパイルしてください。
/usr/bin/ld: 最終リンクに失敗しました: 出力に対応するセクションがありません
collect2: error: ld returned 1 exit status
uncaught exception: CoreUtils.Failed: gcc -Wl,-Bsymbolic-functions -Wl,-z,relro test/Main.o /tmp/tmp.IhaEmV/000/tmp_000.a lib/socket.o lib/inet.o lib/net_host_db.o /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/main.o /usr/lib/x86_64-linux-gnu/smlsharp/runtime/libsmlsharp.a -lpthread -lyajl -ldl -lgmp -lm  -o testRunner at src/compiler/toolchain/main/CoreUtils.sml:113
Makefile:50: ターゲット 'testRunner' のレシピで失敗しました

原因

私もよく分かってないのですが、Ubuntu 16.10からGCC 6系になりましたが、そこでデフォルトの挙動が変わったらしいのでその辺らしいです。

対策

たいていの言語で -no-pie を付けることで解決しています。 Position Independent Executableだっけ?

アドホックにやる方法と恒久的に解決する方法とがあります。

アドホックな方

簡単で、SML#で リンクする時-Xlinker -no-pie を付けてあげます。

恒久的な方

SML#を自前でビルドします。そのとき configure時LDFLAGS=-no-pie を付けてあげます。

余談

-no-pie はGCC 6以降で、それ以前は -nopie との噂をききましたがGCC 6系しか手元にないので真偽のほどは分かりません。

Written by κeen