実用Common Lispを読んだ

以前Common Lispの勉強の手引の記事を書いたときに実用Common Lispの名を挙げたが読んだことはなかった。

一応名前を挙げた責任として読んでみた。 読んだとは言ってもソースはざっくりしか見てないし、演習には目もくれてないので「一通り目を通した」程度。 買った本は逃げないのだし一回で理解する必要はない。最初に一通り内容を掴んで主張を理解してから、あとで気になった時につぶさに読むのが私の読み方。

最初の感想を言うと、古い。Common Lispもcltl2とANSI両方に配慮されて書かれているし、紹介されているAIの事例も1970~1980年代のもの。 古典といった感じ。ただし、その時代はCommon LispとAIの最盛期なのでこの本を読めばCommon LispがAIで名を馳せた理由が良く分かる。

Common Lispの内容は初級程度。まえがきにもあるようにプログラマとしては中級だがLispは初心者レベルの人向に書かれている。基本的なところを押えたらあとはどんどん進んでいく。 プログラミングの経験があればそれでも問題ない筈。心配ならWeb上にいくらでもあるチュートリアルをこなせば良い。

ライブラリなどに関しては本の中で完結しているので良く言えば1から10まで教えてくれる。悪く言えば最近のCommon Lispの動向は全く分からない。その意味では実践入門ではなく学習図書。陳腐化はしない。

AIについては、やはり古い。今では手法が確立されてAIの分野とは扱われないものも含まれている。ただし、これは意図したものなのかもしれない。 古いものというのは単純だ。最初に2部で単純なものを通して「肩馴らし」をしてから3部で手駒を増やして4部で踏み込んだ内容に入る。

また、AIの分野としては扱われていなものも含む、ということはこの本が情報科学の広い範囲をカバーする、ということでもある。900ベージは伊達じゃない。量もあればバラエティもある。

現実にある様々な難解な問題をCommon Lispという強力な道具で快刀乱麻解決していく。ソフトウェア開発手法を学びながらCommon Lispの強力さを思い知るための一冊。

Written by κeen