mllexを使ってみる。あるいはlexユーザーに対するmllexの解説

このエントリーはML Advent Calendar 10日目の記事です。
OCamlで作ったgoma言語 - h_sakurai’s diary

ふと思い立ってPrologのコンパイラかインタプリタかを作ってみようとして、その第一段でlexerに着手しました。 ちょ、SML分かる人はmllexくらい常識的に知ってるなんて言わないで下さい。私は初めて触りました。

ちょっと変則的なんですが、smlsharpの配布物にあるドキュメントを読みながらmlton付属のmllexを使い、sml/nj上で動作を確認しました。SMLの処理系管理ガバガバですね。

まあ、初めて使ってみたとは言ってもほぼC版のlexのCを書く部分をそのままSMLで書けば良いだけなので簡単ですね。

因みにPrologの文法は以下のようなもの。

%reverse a list into X
reverse([], []).

reverse([Hd|Tl], X):-
    reverse(Tl, Y),
    append(Y, [Hd], X).

reverse(List, X):-
    reverse(List, []).

だいたいの部分は見れば分かるかと思うのですが、小文字で始まるのがリテラル(文字列?識別子?)で大文字から始まるのが変数です。

で、これをイメージしながらlexファイルを書いていきます。

Lexファイル

全体はこのようになっています。lexと同じですね。

SMLの補助コード部分

%%

補助ルールの記述

%%

解析ルールの記述

SMLの補助コードの部分は典型的にはdatatypeを書きます。あとはどうもerror : string -> uniteof : unit -> 'aが必要みたいですね(マニュアルちゃんと読んでない)。'aというのは他の解析ルールと同じ型です。

補助ルールはlexとだいたい同じです。生成した関数やらデータ型を収めるstructureの指定とかもします。

解析ルールもだいたいlexと同じです。

pattern => (SMLのコード);

のような形をしてます。

実際のコード

結構適当です。あ、カットのこと忘れてた。ほら、適当だった。

このコードをprolog.lexとして保存します。

datatype lexresult =
         Comment of string
       | LeftParen
       | RightParen
       | LeftBracket
       | RightBracket
       | Comma
       | Dot
       | Bar
       | Medaka
       | UnderScore
       | String of string
       | Number of int
       | Variable of string
       | EOF

val linenum = ref 1
val error = fn x => print (x ^ "\n")
val eof = fn () => EOF
%%
%structure PrologLex                      

alphanum = [A-Za-z0-9];
alpha    = [A-Za-z];
digit    = [0-9];
ws       = [\ \t\n];

%%

{ws}+            => (lex());
%(.*)\n          => (Comment yytext);
"("              => (LeftParen);
")"              => (RightParen);
"["              => (LeftBracket);
"]"              => (RightBracket);
","              => (Comma);
"."              => (Dot);
"|"              => (Bar);
":-"             => (Medaka);
"_"              => (UnderScore);
[a-z]{alphanum}* => (String yytext);
{digit}+         => (Number (foldl (fn(a, r)=> (ord(a)-ord(#"0")) + 10*r) 0 (explode yytext)));
[A-Z]{alphanum}* => (Variable yytext);
    

実際に使ってみる。

$ mllex prolog.lex

Number of states = 19
Number of distinct rows = 8
Approx. memory size of trans. table = 1032 bytes
$ rlwrap sml
Standard ML of New Jersey v110.77 [built: Thu Sep  4 12:32:33 2014]
- use "prolog.lex.sml";
[opening prolog.lex.sml]
[autoloading]
[library $SMLNJ-BASIS/basis.cm is stable]
[autoloading done]
structure PrologLex :
  sig
    structure UserDeclarations : <sig>
    exception LexError
    structure Internal : <sig>
    structure YYPosInt : <sig>
    val makeLexer : (int -> string) -> unit -> Internal.result
  end
val it = () : unit
- val lexer = PrologLex.makeLexer (fn i => TextIO.inputN(TextIO.openIn "reverse.pl", i));
val lexer = fn : unit -> PrologLex.Internal.result
- lexer();
val it = Comment "%reverse a list into X\n" : PrologLex.Internal.result
- lexer();
val it = String "reverse" : PrologLex.Internal.result
- lexer();
val it = LeftParen : PrologLex.Internal.result
- lexer();
val it = LeftBracket : PrologLex.Internal.result
- lexer();
val it = RightBracket : PrologLex.Internal.result
- 

コメントの扱い失敗してますね。この辺はどうしようもないのかなあ

困ったところ

ドキュメントが古いSML/NJのものらしく、SMLのコードをそのまま書いても動かなかった。revfoldとかinputcとか。

次回はmlyaccでも触ってみますか。

Written by κeen